スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第61回伝統工芸展
- 2014/09/08(Mon) -
長い間ブログをおやすみしていました。時が過ぎ季節は秋の入口です。
今年の冬は暖かく、我が家の孟宗竹はまさかの雪に驚いているようで、枝を’ぐ~っと’かしげていました。
IMGP0398.jpg         IMGP0412.jpg
裏の小道に椿の大木があり、盛りの季節を終えると道を赤く染めます。

IMGP0416.jpg         IMGP0433.jpg
ここ房州は菜の花が有名でこの季節は多くの観光客が訪れ、食用の菜の花も堪能できます。
庭の桜の古木は3年前に枝をすべて払いました。今年は新しい命を芽吹かせたった三輪の花見となりました。

                    IMGP0066.jpg
新米は今日炊きます、香りと粘りはこの時しかないような気がします。大地と農家の方に感謝。

長い間の建築作業も終わり本業の竹工芸にもどり、今年の61回伝統工芸展に出品しました。環境も整い2ヶ月あまりの
創作期間になりました。結果入選’日本工芸会会長賞’と言う栄誉ある賞をいただき嬉しさと重さを感じております。
機会がありましたら見てください。下記に予定を書きます。

日時  平成26年9月17日(水)~9月29日(月)
場所  日本橋三越本店(東京)

NHKにて放送  平成26年9月21日(日) 午前9時 日曜美術館にて作品紹介予定
受賞作品の解説 平成26年9月23日(火)秋分の日  伝統工芸展木竹部展示会場 午後2時頃(私が自作品を解説)
この他、名古屋、京都、大阪、金沢、岡山、松江、高松、仙台、福岡、松山、広島、に巡回します。詳しくは日本工芸会H.P
にて確認できます。
この記事のURL | 展覧会案内 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。