FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
青竹から晒竹へ
- 2012/03/05(Mon) -
竹工芸家は青竹から材料(ひごなど)を作る時もありますがほとんどの場合晒竹からの材料作りが主です。保存しやすく、皮を削って染色し漆も施すことができます。青竹から晒竹にする工程を簡単に説明致します。
青竹の選別・・・・前のブログに載せたように、傷がなく節間の長い材を選びますDSCN0367.jpg
竹材の油抜き・・・・竹の寸法を切りそろえ、長方形の鉄釜(長さ4.5m、巾80cm、深さ50cm程度)で10分~15分ほど煮騰する。
DSCN0347.jpg
湯気のある間に布で蝋脂質と汚れをぬぐい取る、しみの残らぬよう手早く行うDSCN0366.jpg
天日に2週間ほど晒す。P1010295 (2)
綺麗なクリーム色になります。
スポンサーサイト
この記事のURL | お知らせ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。